2017/01/23Bリーグ パスラボ山形ハーフタイム ジャズダンス披露

1月22日(日)、山形市総合スポーツセンターで行われた、プロバスケット Bリーグ パスラボ山形VS島根スサノオマジックの試合のハーフタイムで、課外教室でジャズダンス教室を受講している年長組の子どもたちがダンスを披露してきました。

今年度は、幼稚園でピンクのおそろいのTシャツを作りました。

フロアーに子どもたちが登場すると、会場からは「かわいい~!」と歓声が上がりました。

篠原ともえの『ウルトラリラックス』という曲に合わせて、ノリノリで踊っていました。

披露したダンスは、5月から1月までの課外教室の中で、ステップや動きを一つひとつ丁寧に、講師の加藤由美先生から指導して頂きました。

沢山の拍手をもらって、子どもたちも嬉しかったことでしょう。
子どもたちに感想を聞いてみると、「緊張したけど、楽しかった!」「おもしろかった!」「もう一回踊りたい!」と満足感でいっぱいだったようです。

また、保護者の皆さんの連絡帳では、嬉しい感想が寄せられました。

「プロバスケの試合で、尚且つ、観客も大勢いる中でダンスをできるなんて、良い経験をさせて頂きました。とても楽しい時間だったようです。」

「堂々と楽しそうに踊っている姿を見ることができて良かったです。本当に貴重な経験をさせて頂きました。もう一度あの場所でダンスをしたいと言っていました。」

「最初は参加するかどうか迷いましたが、今日、子どもたちみんなが楽しそうにコートで踊っているのを見て、私もすごく楽しかったし、なんだか感動して、やっぱり参加して本当に良かったと思いました。」

「親の私の方がドキドキしながら、本番まで待っていましたが、いざ、始まると、笑顔で楽しそうに踊っている姿が見られて、とても感動しました!!みんな”かわいい~”と言っていました。」

 

大きな体育館でのダンス披露でしたが、子どもたちにとって大きな自信と喜びになったことと思います。

この機会を与えてくださった、ジャズダンス講師の加藤由美先生とパスラボ山形の皆さんにお礼を申し上げます。

ちびっこひろば